記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋

今日は特にネタがなかったので、初恋の話をします。

僕が認識している初恋は大学1回生の時のものですが、本当の初恋がいつだったかというのは正直自分でもわかりません。
というのも、高校までは自分が他の人と違うことを認めたくなかったからです。
自分の恋心を否定せず、素直に好きだと認めることができた初めての恋愛ということですかね…。
伝わる?笑

僕の初恋は、体育会の時の先輩でした。
背が高くて、色黒で、頭良くて、とても大人っぽい人でした。

所属していた体育会では上下関係が厳しく、初めのうちは一緒にいるとすごく緊張するし、少し怖い先輩だと思っていました。
ただ、先輩として尊敬し、憧れていた存在でした。

でも、どういうわけか、僕のことをすごく気に入ってくれて、よく個人的な朝練に誘ってくれるようになりました。
そのうち、2人でご飯、2人で買い物など、部活以外でも一緒に行動することが増え、硬派なイメージだった先輩が、少し砕けた感じで接してくれるようになりました。

部内でも仲良しだと言われだした頃、先輩からのLINEのメッセージに変化が現れ始めました。
「俺のこと好き?」

突然そのようなことを聞いてくるようになりました。
先輩としてはただふざけてるだけだったのだと思います。でも、僕はそのことを意識せずにはいられないようになっていきました。

先輩からのLINEをドキドキしながら待つようになりました。
体育会の練習も、もはや平常心では臨めなくなりました。
今まで自分に感じていた違和感の正体が明らかになりました。
それが普通だと思って女の子と付き合った時とは全く違う感情でした。

好きなのに、それを言えないまま、また2人でご飯、買い物に行きました。
クリスマスイブまで一緒にディナーしました。
「彼女には内緒やで。」

そうでした。先輩には当時彼女もいました。
一緒にいるときはそんなことも忘れて、ただずっと一緒にいたいと思いました。

ある日、僕は耐えきれなくなって、思い切って本当の気持ちを打ち明けました。

「ごめんな気づけなくて…。付き合うことはできないけどこれからも仲良くしたい。今まで通り接してくれる?」

もちろん付き合えるなんて期待もしていませんでした。
ただ、それにしても思わぬ返答でした。一生まともに向き合うことができなくなると思っていたからです。
全く気まずくないかと言われたら、自信を持って気まずくないとは言えませんが、今でも会えば笑顔で会話できる関係です。

切ない恋でしたが、幸せな恋愛でした。
先輩の懐の深さに感謝です。

懐かしい。笑
今の相方さんにも何度かその先輩の話をしました。
嬉しそうに聞いてくれます。
「かーーー、甘酸っぱい!(^ν^)」
完全に娯楽の対象です。笑
他人事だからって。

そんなこともあって今の自分がいます。
こんなストーリーを昔話として話せるようになったのも、相方さんや大切な友人のおかげです。

僕の初恋でした!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

コメント

No title

今日からは若干気温が上がりそうで、外出もしやすくなりそうですね(でも、私は今日は家でゆっくり休みます^^)
iさんのデートは今日じゃなくて週末かな。

ダイジョブダイジョブ、iさんの「恋愛」の定義、ちゃんと分かりますd(^^*)
高校までは自身のセクシュアリティと葛藤してたんでしょうね。多感な時期だし、自問自答を繰り返したりしていたんだろうなって思います。
自分がゲイだって認める事が出来た時はどんな感じ?目が覚めてスッキリした気分になるのかな。

大学の先輩、しかも体育会系ともなると素敵な人も沢山いそうだし(そうでもないw?)、知らず知らずのうちに好きになっちゃうのって分かる気がするなぁ。
先輩もiさんの事が可愛かったんでしょうね。「後輩」よりも一段階上の存在だったのは確実だし。

先輩に告白するのって勇気が必要だったろうなって思います。
私なんて自分から告白なんてした事ないですもん←別に同性愛じゃないのに。
iさんは相当耐えきれないって思いが強かったのかなと思うけれど、やっぱりその勇気には脱帽<(_ _)>

でも、付き合えないにしても拒絶しなかった先輩って優しいし、良かったですよね。
ここでこっぴどくフラれて、サークルの人に言い触らされたりでもしたら心に大きな傷を残すものね。
↑とはいえ、そんなヒドイ事をしない先輩だからこそ、そもそも好きになったんだと思いますけど。

実らなかった恋だけど、そうやって「懐かしい」って振り返る事が出来るのは、ある意味幸せなんじゃないかな。
トラウマになって、あああ~~(TДT|||)って頭を抱えてしまう失恋も中にはあるから(苦笑)。

今は素敵なパートナーもいるし、カムアの友人を少しずつ増やしていって‥と順調ですよね。
今後もそんな小さな(別に小さくない?)幸せがずっと続くといいね~。応援してますよん(^_-)-☆

Re: No title

高校まではかなり葛藤してましたね〜。^^;
自分がゲイだと完全に認めたときも、すっきりというよりは諦めの気持ちでした。
何でこういう風になってしまったんだろうって思いは捨てきれなかったです。

でも、ゲイだったから感じることのできた人の優しさとか、出会えた仲間とか、そういうものが積み重なってようやく前向きに受け入れることができるようになりました。(^^)

自分でも、告白したときのことをすごいと思います。笑
先輩が本当に良い人で感謝してます。
おかげで、体育会のみんなにもカミングアウトすることができたんです。
先輩が好きだったことは他の部員には言えないですけどね。笑

いつも応援ありがとうございます。
本当に元気もらってます。(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。