記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒歴史

今まで誰にも話したことないことを書きます。

ゲイの世界では、出会い系のアプリは当たり前の存在です。
ゲイであることを社会的にオープンにしている方というのはごく少数なので、普通に生活している中でゲイ同士が偶然出会うことはなかなか難しいからです。

今年の3月、僕が大学のセクマイサークルに入ったのには、実は誰にも話したことのない理由があります。
自分がゲイであることに真剣に悩みだした時期もちょうどその頃です。
前に書いた先輩への恋が破れ、僕は一生叶わない恋をしながら孤独に生きていくんだと本気で思っていました。

ゲイの間で使われているアプリの存在を教えてくれる人も当然おらず、寂しさのあまり僕が最初に行き着いたのは、ゲイの出会い系サイトという名の詐欺サイトでした。
購入したポイントを使って、サイトに登録する他のゲイと連絡を取り合う仕組みです。
今思えば本気で馬鹿だったと思いますが、当時はただゲイの友達が欲しい、あわよくば恋人が欲しいそんな一心でした。

最初に与えられたポイントを使い果たして、1万円分のポイントを購入しました。
お金を使ってしまったところで、少し疑念が浮かんだのです。

そのサイトは、自分の住んでいる県を登録して、同じ地域に住んでいる人と連絡を取り合う仕組みになっていました。
そこで、僕は別のメールアドレスで、自分の住んでいない県で同じサイトに登録してみたのです。
そうすると、近くにいるという候補者には、最初に登録したアカウントでやりとりしていたのと同じ人たちがゴロゴロ挙がってきたのです。
全てサクラでした。

悔しさと怒りと自己嫌悪でいっぱいでした。
サクラといえど、やりとりをしている間は寂しさも紛れたし、初めてゲイの人とやりとりできて嬉しいと本気で感じていた。それなのに…。
もう少しちゃんと調べていれば、先に大学のサークルにたどり着いたかもしれないし、安全な無料アプリなんていっぱいあったのに。

辛かった。寂しかった。
騙された自分が恥ずかしかった。
とにかく悔しかった。


今思えば、そういう経験があったからこそ大学のセクマイサークルに対してなんの迷いもなく入れたし、そのおかげでいい出会いもたくさんできたのかもしれません。
こじつけですけどね。笑

1万円でこんなにいい出会いが買えたとなると安いものです。普通出会いはお金で買えないですからね。
マイノリティの立場を狙って、その寂しさを利用してお金をだまし取る悪質な詐欺は絶対に許さないですが。

自分が辛い思いをした分、同じような思いを他の人にして欲しくない。
僕は全然強くもないし、積極的というわけでもないけど、とにかく堂々と生きていきたい。
そんなことをふと考えた真夜中でした。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

黒歴史かぁ。本当はそういう事って誰にも話したくないものだけど、ここに書ける様になったって事は、自分の中での区切りが付けられたって事なんでしょうね。

たまたまiさんが見つけたのが無害なゲイアプリだったら良かったのにね。
そういう詐欺サイトっていうのは、ゲイ関係に限らずにどのジャンルでもやっているんだろうけど、こっちがあまり大っぴらに出来ないところを突いているので、やり方がキタナイですよね。

でもまあ、1万円で済んで良かったのかな‥というか、1万円払った時点で気付いて良かった。
そのままずるずるとポイント購入してたらアブナイものね。

サクラと知らずにやり取りしてたのも、さぞかし悔しかったでしょうね。
こっちは真剣なのに、あっちは演技だったワケでしょ?バカにされた気分だし、怒りのやり場が無いのも悔しいです。
対リアルの人間だったら、直接文句も言えるのに。

でもその反動みたいなもので、サークルと出会えたのは良かったです。
そこで沢山の仲間や彼氏とも出会えるキッカケとなったんだし。

今は悔しさを昇華出来ているみたいでなによりだけど、今もそういうサイトは横行しているだろうし、引っかかってしまう人も後を絶たないんだろうな。
みんな目を覚まして!って言いたいのだけど。
そういう人達がこの記事を読んで、自分の(騙されているかもっていう)立場に気付いたり、サイト登録を考えている人に啓蒙してもらえるといいですよね(^^)b

Re: No title

僕にとっては、架空のやりとりでさえそこに救いを求めていたんです。
気づいた時には絶望でした。
同じような被害に合う人がいないことを願います。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。